R&Gグループは武蔵小杉、五反田、池袋、大宮を中心に展開するデリヘルグループの総合風俗求人案内です。

9:00-翌5:00 年中無休

0120-743-322

ブログ

 タマジロウ、ノーベル文学賞に思いをはせる・・・の巻き?

2017.10.06
タマジロウた~~~いむLET’START~~~~!

…無事、シマジロウも復活し、沖縄土産に「ハブ酒の原酒入りチーズケーキ」という、素敵なお菓子をいただきまして…これがかなりの美味(アルコールはほとんど含まれてません)!! 新人の池ちゃんにも食べていただきましたが「とっても美味しいですぅ」と、喜んでおりました。たまにはヤルなぁ、シマジロウ(嫌味)。

まぁ、それはさておき、本日『ノーベル文学賞』が発表され、日本出身のイギリス国籍作家「カズオ・イシグロ」氏が見事受賞いたしましたねー。実は自分、彼の著作はまだ読んだ事がないのですが、これを機に手に取ってみたいと思います。

そして『ノーベル文学賞』の発表の時期になると、毎回騒がれるのは「村上春樹氏の受賞なるか?」なのですが、いわゆる巷のハルキスト(氏の熱狂的なファンをこう呼ぶそうです)が毎度毎度大コーフンしてるみたいですが…今回も残念な結果に終わりましたね。

…ところで皆様は、その「村上春樹」氏の著作は読んだ事はありますでしょうか? マスコミでも話題になってますし、本屋さんに行っても、最前列に平積みしてあるので、1度は目を通した経験がある方も多いのではないでしょうか?

しかし、自分の周りの大概の方々が「話題になっているので、ちょこっと読んでみたけど…何じゃこりゃ?」との感想を持ったみたいです。

そうなんです、純文学を想像して読み始めると「?」マークが脳内に満開になるハズ。起承転結もハッキリせず、時間軸も歪みまくりで、難解というか…「意味不明」という印象を持ってしまうみたいです。「これが売れてるの?」と、疑問符だらけの友人もおりました(苦笑)。

自分も、最初は(かなり若かりし頃に読んだのですが)友人と同意見を持ちましたが、最近になってふと「久し振りに読んでみようかな…」という気になり、昔買った文庫本を読み返してみたのですが…妙に心に引っかかる物があって、意外としっくり来たんですよねー。

「物語に入り込んでいるのに、終焉でポンッと突き放され、呆然とさせられる」といった感じでしょうか…これが妙にクセになるのです。特に、短編にはその感覚が顕著に現れましたかね。

ですから、とにもかくにも「好き嫌いが分かれる作家」と言えるのではないでしょうか。もしも興味を持たれた方がいらしゃいましたら、短編集(文庫本で安く買えます)からでも読んでみてください。そして、是非とも感想を聞かせてくださいませ~。

 
 
TEL:0120-810-780
(10時~22時まで)
上記が繋がらない場合は

048-650-5651
MAIL:kyuzin-omiya2@e4u.co.jp 
SNS検索ID:omiya-kadan